We innovate your

content business.

And content empowers

 your marketing strategy.

ビジネス ✕ コンテンツ ✕ テクノロジー

Content and Art Thinking

will make your business strategy

more creative.

コンテンツ ✕ アートシンキング ✕ ビジネス戦略

AI全盛の時代が到来し、

データマーケティングが誰でも使える一般的なツールになると、

​人の心を動かす秘伝のソース=コンテンツが差別化のカギになる。

レガシーメディア、コンテンツパブリッシャーのDXを支援

我が国日本は、世界に類を見ないユニークかつ完成度が高い大量のエンタメコンテンツと、それらを生み出す創造者たちの豊かな生態系で満ちています。

しかし一方でスマートフォンの登場後、大資本やテクノロジーを伴った新たなプラットフォーマーの台頭や、デジタルツールを使いこなす次世代の表現者たちによる無料コンテンツの奔流によって、エンタメ市場はまさに「可処分時間の奪い合い」の様相を呈しています。

豊穣なリソースを持ちながらも、まさにビジネスモデルにおいてイノベーションのジレンマに陥っているパブリッシャーの状況を、DXや外部プレイヤーとのアライアンス、新規事業の立ち上げを通じて、業界特有のセンシティブな慣例にも留意しながらサポートします。

To Cビジネス企業のコンテンツ戦略を支援

これからの時代"Product as service"の流れで、あらゆる商品がサービス化していくと、顧客との継続的なコミュニケーションが必須となり、潤滑油としての「コンテンツ」への理解や作法が求められてきます。to Cビジネスを営む企業が他社との差別化を図る際、自社の提供する価値を広義の「コンテンツ」の文脈から捉え直す事は一考の価値があります。

コンテンツに携わってきた者が持つ、人の「心」に訴えかける秘伝のソースを使って、御社が新しい価値を顧客へ提供するお手伝いをします。

Synesthesia/シナスタジアとは

人間の持つ異なる知覚が結合した状態を表す言葉で、有名なところでは「音や数に色を感じる」といった現象が確認されており、日本語では「共感覚」と訳されます。

ギリシア語で「感覚」を表す「aisthesis」に「統合」を表す接頭辞「syn」がついた言葉が語源で、一説では、生後間もない人間は知覚が未分化のため、みんなが共感覚状態にあるという話もあります。

通常と異なった全体感のある視点から世の中の物事を捉え直し、柔軟に社会課題と向き合っていきたい、という想いをこめた社名です。